日本デイケアセンター採用まとめ

日本デイケアセンター 採用情報概要

以下、日本デイケアセンターの採用に関して、基本情報をまとめました。

勤務地

総合職 :

・本社(東京都千代田区)
・各主要営業所(札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、松山、福岡)
一般職(正社員):
・本社
保育補助職(正社員):
・未就学者施設/認可保育園、東京都認証保育所、スマート保育所、病院内保育所
・就学者施設/児童館、複合コミュニティ、学童クラブ、放課後クラブ

専門職:

保育士 
・正社員の場合東京都内に勤務
・契約社員の場合以下のいずれかに勤務
東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県
栄養士(正社員)
・東京都
児童指導員(正社員)
・東京都、千葉県

■勤務時間
1.総合職 (正社員)、一般職(正社員)、保育補助職(正社員)、保育士(契約社員):月ごとに変形労働時間制を採用、詳細は以下の通り
・30日の月→171時間
・31日の月→177時間
・2月→160時間or166時間

2.専門職(保育士、栄養士、児童指導員):1年ごとに変形労働時間制を採用、詳細は以下の通り
・年間総労働2080時間

■給与
1.総合職(正社員):以下、大学か大学院のどちらかを卒業した場合
・月給213,250円(一律職務手当含む)

2.一般職(正社員):以下、大学か大学院を卒業した場合
・月給178,750円(一律職務手当含む)
以下、短大を卒業した場合
・月給163,000円(一律職務手当含む)

3.本社保育補助職(正社員):以下、大学、大学院、短大、専門学校を卒業した場合
・月給167,000円(一律職務手当含む)

4.本社保育士(正社員、契約社員):以下、大学、大学院、短大、専門学校を卒業した場合
・月給195,200円(一律職務手当含む)
施設保育士(契約社員):以下、大学、大学院、短大、専門学校を卒業した場合
・月給195,200円(一律職務手当含む)

5.栄養士(正社員):以下、大学、大学院、短大、専門学校を卒業した場合
・月給168,000円(一律職務手当含む)

6.児童指導員(契約社員):以下、大学、大学院、短大、専門学校を卒業した場合
・月給170,200円(一律職務手当含む)

■諸手当
1.正社員、契約社員:全職種に共通して夜勤手当が支給される

2.総合職、一般職(正社員)
・社内規定によって通勤手当、住宅手当を支給
・月5,000円の皆勤手当を支給

3.保育補助職(正社員)
社内規定によって通勤手当、住宅手当を支給

4.専門職(正社員、契約社員)
通勤手当(社内規定による)、資格手当(保育士、児童指導員、社会福祉主事、介護福祉士、栄養士に対して月2,000円)、固定残業手当(月20時間分の固定残業代23,800円、時間外労働時間が20時間を超える場合はさらに追加)を支給

5.保育士に対する手当に関して
認可・認証・小規模・企業型等、以上の保育園に勤める保育士は、給与以外に行政から補助金制度(キャリアアップ、処遇改善手当)の対象となる

■昇給
1.正社員、契約社員
社内規定に則って毎年4月に機会有り

■賞与
1.正社員
社内規定によって6月・12月の年2回賞与のチャンス有り

2.児童指導員(契約社員)
毎年5月の年1回賞与のチャンス有り

■休日休暇
1.正社員、契約社員を対象に、有給年10日、年間休日150日が共通して支給される

2.毎月の休日制に関しては以下の通り
総合職・一般職は隔週土曜・日曜・祝日の毎月6休制
保育補助職はシフト制で毎月6休制
専門職はシフト制で毎月6休制

3.全職員に共通して、年末年始休暇、出産・育児休暇、慶弔休暇有り

■保険
1.全職員に共通して、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険有り

■福利厚生
1.定期健康診断、 産前産後・育児休暇制度、 社宅寮(地方出身者、遠隔地向け)、 本社8階に健康増進ルーム・フィットネス施設有り

■その他
1. 新人研修、保育士資格取得研修、日本デイケアセンターグループ主催セミナー、海外研修有り
2.試用期間は入社後3ヶ月(期間中の条件は本採用時と共通)
3.入社後2日~2週間程度、メンターによる研修有り。

■応募資格
1.総合職(正社員)、一般職(正社員)、保育補助職(正社員)、専門職(正社員、契約社員)は、基本的に大学卒業、または短大、大学院、専門学校等の卒業資格かあるいは取得する見込みが必要である
2.保育士、保育補助職は保育士資格、栄養士は栄養士資格がそれぞれ必要だが、内定時点で無資格だったとしても、社内研修で取得可能
3.説明会は定期的に開催されているようです。スケジュールについては採用専門サイトで確認可能。ちなみに2019年度の採用に関する説明会スケジュールは以下の通り。
日本デイケアセンター 2018年説明会、一時選考会
開催日:11月12、19日
開催場所:東京、札幌、宮城、名古屋、大阪、広島、愛媛、福岡
その他:上記した全ての説明会は基本予約可らしい
説明会のタイムスケジュール:
10時~10時50分 説明
11時~15時45分 一次選考
11時~13時15分 3科目一般常識テスト
13時15分~14時 お昼休憩
14時~15時半 エントリーシート記入
15時半~15時45分 アンケート記入
☆お疲れ様でした!
当日の持ち物について
筆記用具
書類複数(写真添付済みの履歴書、成績証明書、健康診断書)

日本デイケアセンターが採用希望者に求める「人物像」とは?

日本デイケアセンターが掲げる「一緒に働きたい人物像モデル」は以下の通りです。

【日本デイケアセンターが指定する人物像(選考基準)】
・仕事を要領よくこなすより、担当業務の大切さを少しずつ、丁寧に覚えていける人
・お客様の要望をヒアリングするだけではなく、そこから「新たなアイディア」を想像・創造し、提案できる人
・自分のためだけではなく、「誰がのためになる仕事がしたい」と心から思える人
・正直且つ真摯に日本デイケアセンターの仕事と向き合える人

☆日本デイケアセンターにとって”仕事を大切にできる人”とは?:
「お客様の喜ぶ顔を思い浮かべながら仕事に取り組める人」ではないかと。
「福祉」の仕事は、他の業種と比較するとかなり特殊なタイプだと思います。通常はデスクワーク業務がおおいなか、つねに「相手」がいる福祉の世界は、自分のことばかり考えていては続けられません。が、若い社員が福祉サービスの利用者たちと向き合うのは、現実問題なかなか難しいもの。
まず第一に、「”自分事”として受け止められない」という問題があります。老化による身体の衰えが要因で発生する様々な問題は、本来介護士と協力しあい乗り越えていくのがベストです。

【2020年版】日本デイケアセンター最新求人情報

毎年求人サイトにて新卒向けの情報を発信している日本デイケアセンターですが、例えば募集内容がリニューアルされている可能性は有りうるのでしょうか?
上記した「採用情報概要」と比較しつつ、変更点がないか確認&考察してみます。

勤務地

結果:変更無し
考察:本社のある千代田区を中心に、関東圏内の部所に配属されるという方向性に特に大きな変化は無いようです。

勤務時間

結果:大きく変更はないものの、採用サイトには「平均勤務時間174時間」と追加されている
考察:参考URLによれば「月の平均労働時間は200時間~220時間」であり、これが真実だとするなら、「日本デイケアセンターでは社員の心身に考慮した勤務時間を提示している」という可能性が考えられます(勿論、残業時間によって色々と変わってくると思いますが…)。
更に「モデルケース」として「9:00~18:00(休憩60分)」という内容が追加されていました。これは見るからに「非常に平均的なモデルケース」に相当しますね。

日本デイケアセンター評判まとめ

「採用まとめ」にて採用情報を記載しましたが、じっさいに働いている職員の評判を確認しなければ、「正直現実的にイメージできない」という方は多いでしょう。
そこで口コミサイトを参考に「日本デイケアセンター採用評判まとめ」を以下に記載し、同時に内容の考察を作成したので、当社の採用や評判に興味がある方は是非ご確認ください!

・職場環境

「一応社会の場であるため、なぁなぁな関係にならぬよう、注意が必要。」
「その現場現場で違うと思うが、うちの現場は仲がよく楽しく仕事ができている。また、お互い相談したりして全員で高め合っている。」
「【社員交流のための制度】最近は入社式のあとに同じ分野の新入社員と一緒にちょっとした会合があるらしい?」

職場環境 考察

環境的にはある程度のバランスが取れている様子。ただ、口コミにあるように「なぁなぁ」になり過ぎるとバランスを崩す恐れがあるため注意が必用。
「うちの現場は仲がよく」「同じ部署内での会合」と記載されているように、特に部所内の繋がりは非常に強いことが考えられます。しかし、他部所との交流についてのコメントが少ないところを見ると、同じ部署内の繋がりが強すぎる反面、他所とのコミュニケーションが少ない可能性もあるかもしれません。

・教育、研修

「【周りへの相談のしやすさ】相談しにくいと思ったことは今のところないので、この点に関しては良い結果ではないでしょうか。」
「【周りへの相談のしやすさ】年に一度マネージャーが面談に来てくれるので、機会が設けられていることで相談はしやすくなっている。」
「【周囲からのサポート】年に一度くらいはマネージャーとの面談があり、仕事に関する悩みや相談ができる。現場で起きた問題は一緒に解決に向かって考えてくれる。」


教育、研修 考察

「定期的にマネージャーと話す機会が設けられている」ということで、新人教育の場は整っていることが窺えます。が、中途やスキルアップを目指す方のための研修に関する言及が今のところ見られないため、「すべての立場の社員が平等に成長できる制度が設けられている」とは一概には言えないのではと…。

・年収、給与、ボーナス

「年齢と中途入社を考えると、満足できました。年々、少しずつですが、昇給していきます。賞与は、基本定額ですがあります。」
「扶養範囲内で働いているため、年収の調整もきちんとできるところが助かる。計算して超過しそうな時にも、気持ち良く調整してくれる。」
「保育園によくあるサービス残業にならず、仕事をしたぶんだけ給与として支払われる。上限があるがしっかり通勤手当がある。」
「まだまだ発展途上の会社であるため、人事制度や給与、休日といった具体的な部分に不十分さがあります。一つ一つを作り上げなければならないためかなりの時間を必要とします。全てが揃った環境でないと嫌という方には向いていないと思います。」
「知っているようで全く知られていない児童福祉についてかなり詳細に理解できます。今後、児童福祉、特に保育所や就学児童に関する仕事や起業を考えている方には良いかもしれません。」
「月ごとに出勤日数と勤務時間の基準が決められているので、日数と時間数が足りていれば規定のお給料はいただけていました。」

年収、給与、ボーナス 考察

口コミにも記載されていますが、「福祉業界」はまだまだ発展途上の分野であるため、ビジネスとして成立させるためには時間が必要です。業務量の多さに明らかに適さない給与が支払われるなど、職場環境の整備が追いつかない職場も数多く存在すると思います。
だからこそ、こういった職場には「一定のルール」を設けることが必要ではないかと。

・勤務時間、休憩時間、休日

「【有給休暇の取得】普段が1日5時間程度しか勤務していないため、有給手当がどういうふうに計算されているのかよくわからない。あまり気にせずに確認もしていないが1度きちんと確認しようと思う。
「【長期休暇の取得】短期でも長期でも、申請すれば余程のことがない限り取得できる。家族の看病などもお互い様で取りやすい。会社側からも特に何も言われたことはない。
「非常勤パートのため、自分の申請した時間通りの勤務時間で勤務できる。残業はなくピッタリ上がれるため助かっている。
「【業務時間削減に向けた取り組み】社長は、20時には退社を義務つけています。しかし、現場の職員が不足していたりすると、ヘルプに行ったりして長時間勤務となります。

勤務時間、休憩時間、休日 考察

勤務時間、休日に関しては基本的に問題ないようだが、現場の職員不足によって長時間労働を強いられる場合が時折あるようなので、このあたりは改善が求められるところ。
休日は口コミを見る限り社員の希望通りに取得可能であることから、ワークワイフバランスは守られていると推測されます。

福祉施設への就職について

「福祉」に興味があり、就職を目指していたとしても、目的によって複雑に分かれたカテゴリーの中から「本当に自分に合うもの」を選び取るのは至難の業でしょう。例えば、上記した日本デイケアセンターの採用情報を見てください。「保育」「児童支援員」「介護」と、ひとつの事業所でもこれだけ様々な業務を請け負っているのだから、意外と複雑な「福祉」の世界へ飛び込むことを望むなら、まずは「理解力」を鍛えなければなりません!
そこで、まずは「福祉業界に含まれる仕事」を以下にまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです(^^)

■カテゴリー別「福祉」のお仕事とは?
・介護系:施設勤務の介護職、訪問介護員
・保育系:保育士、児童指導員
・相談系:地域の社会福祉施設での相談員、行政管轄の相談所での相談員、社会福祉協議会の相談員、医療施設の相談員
・保健医療系:看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、義肢装具士、視能訓練士、その他セラピスト
・栄養、調理系:栄養士、調理師
・管理、運営系:施設長、事務員、その他
・福祉行政系:福祉事務所、児童相談所、障害者厚生総合病院(知的、身体含む)、婦人相談所

【介護系に属する職業について】
「施設勤務の介護職、訪問介護員」
このどちらにも共通しているのは「施設の利用者の介護に直接当たる職務である」事。異なるのは職場環境です。
施設勤務は、文字通り福祉関係の施設に所属する職員を指します。この場合、障害者施設、老人ホームと、施設の種類によって利用目的などが異なるため、注意が必要です。
訪問介護は、事務所に所属し、依頼者の自宅を訪問、その場で介護を行います。この場合も、対象者は障害者や高齢者と、事務所の方針によって利用者のタイプに大きな違いが生じます。

【保育系に属する職業について】
保育系と聞いて真っ先に「保育士」を想像する方がほとんどでしょうが、じつは「児童指導員」という職業もこのカテゴリーに含まれます。
「保育」という言葉からは、無邪気に遊ぶ子供らの面倒をみる穏やかな保母さん・保父さんの姿を連想する方が多いかと思いますが、そもそも保育系の職業の基本業務は「子どもに生活習慣を身につけさせること」です。予想外の動きをする子どもに集団行動やルールを守ることの大切さを覚えさせるには、ある程度の肉体労働が必要になります。
また、連絡帳の記入や定期的なお知らせの作成など事務仕事のほかに両親とのコミュニケーションも求められるので、それなりの対人スキルが必須となり、そもそも人間関係を築くことが苦手な場合は苦痛を強いられる可能性が高いため避けて通るべきだと思われます。子供たちがそれぞれ育った背景や性格が異なるのと同様に、その両親もひとりひとりタイプが異なる分、通常のコミュニケーションではなかなか通じ合えない場合も多いでしょう。それでも保育の仕事を続けるためには、「人と関わる力」を養う必要があると思います。
児童指導員は正式には「児童厚生員」と呼ばれ、主に地域の児童館や児童センターなどで子供たちに「遊び」を指導します。「遊び」というと気軽なイメージがしますが、児童厚生員には、学校と異なる場所で子供たちに社会性、創造性、自主性を身に付けさせるという重要な役割があります。また、放課後の開放感からつい気が緩んでしまう子供が多いと思うので、遊具での怪我や危険行為を起こさないよう、十分配慮する必要もあると思われます。
もうひとつ、児童厚生員が重視しなければならないのが「地域性」です。基本的には地域の子供らを相手にするため、父母会に積極的に参加し「遊び」の大切さを伝えるなど、ここでも独自のコミュニケーション能力が求められます。

【相談系に属する職業について】
相談系は、当事者と面談した上で専門的なアドバイスを提供する他、福祉機関との「橋渡し」をするなど、こちらも独自の知識とコミュニケーション能力が必要な職業です。
相談支援員の場合基本的には「ソーシャルワーカー」「ケースワーカー」と呼ばれます。呼び名は職場によって異なる可能性があり、またそれぞれ取得すべき資格の内容も変わってきます。基本的には社会福祉主事任用資格が広く必要とされるようです。詳細は職場ごとに採用情報を必ずご確認ください!
主な仕事内容は各施設での「相談支援員」です。

院内保育所への就職について

日本デイケアセンターでは介護や保育等「福祉」にまつわるサービスをトータルで提供していますが、その中でも特に注目すべきが「院内保育所」です。院内保育とは文字通り「病院内に設置された保育所」を指し、患者への対応に日々追われる看護師や医師等女性医療スタッフが安心して働けるよう日本デイケアセンターが考案したサービスになります。
子供を抱えながら何時どんなトラブルが発生するか予測不可能な病院内で女性が働くのは非常に大変ですし、保育園探しも一筋縄にはいきません。そう考えると、院内保育というアイディアは、保育所の不足という社会問題の緩和にも大きく貢献しているといえるのでは?

日本デイケアセンター運営「院内保育所」への採用情報

■勤務地
1.茨城県常総市内の「日本デイケアセンター」が運営する施設
■雇用形態
1.アルバイト
2.パート
■業務内容
1.病院内に勤務する職員の子供を対象とした保育
2.基本5人程度の子供の面倒を見る

■勤務地
1.神奈川県相模原市緑区内の「日本デイケアセンター」が運営する施設
■雇用形態
1.アルバイト
2.パート
■業務内容
1.病院内に勤務する職員の子供を対象とした保育
2.基本0~5歳時の子供の面倒を見る
■給与
1.時給1,000円
2.夜勤手当1回4,000円(1時間250円)
■勤務時間
1.一ヶ月単位で変動有り
2.8時~18時
3.8時半~13時
4.13時~18時
■職場環境
1.アットホームな環境
2.残業少なめ
3.産休、育児休暇取得OK
4.車、バイクでの通勤OK
■アクセス
1.橋本駅
2.↑橋本パークホテル付近に最寄り駅有り
■経験
1.託児所で保育に携わるなど、実務経験があれば優遇される可能性が高いとのこと
■資格
1.保育士

■勤務地
1.東京都町田市内の「日本デイケアセンター」の運営施設
■雇用形態
1.アルバイト
2.パート
■業務内容
1.病院内に勤務する職員の子供を対象とした保育
2.基本0~5歳時の子供の面倒を見る

■勤務地
1.東京都武蔵野市内の「日本デイケアセンター」運営施設
■雇用形態 
1.アルバイト
2.パート
■業務内容
1.病院内に勤務する職員の子供を対象とした保育
2.基本0~5歳時の子供の面倒を見る
■給与
1.時給1,000円
■勤務時間
1.一ヶ月単位で変動あり
2.8時~18時の時間内で「計5時間」の勤務時間
■職場環境
1.育児休業、通勤手当実費支給(上限月額15,000円)
2.アットホームな環境
■アクセス
1.中央線沿線
2.総武線沿線
■経験
1.託児所で保育に携わるなど、実務経験があれば優遇される可能性が高いとのこと
■資格
1.保育士

■勤務地
1.東京都板橋区内の「日本デイケアセンター」運営施設
■雇用形態
1.契約社員
■業務内容
1.病院内に勤務する職員の子供を対象とした保育
2.基本0~5歳時の子供の面倒を見る
■給与
1.月額194,700~201,200円

■勤務地
1.千葉県君津市内の「日本デイケアセンター」運営施設
■雇用形態 
1.契約社員
■業務内容
1.病院内に勤務する職員の子供を対象とした保育
2.基本0~5歳時の子供の面倒を見る
■給与
1.月給204,200~205,200円
2.職歴手当5,000円支給
■勤務時間
1.固定
2.8時~18時
■職場環境
1.育児休業、通勤手当実費支給(上限月額15,000円)
2.アットホームな環境
■資格
1.保育士
■その他
1.車、バイク通勤可能

■勤務地
1.「日本デイケアセンター」名古屋営業所
■雇用形態 
1.契約社員
■業務内容
1.病院内に勤務する職員の子供を対象とした保育
■給与
1.時給170,000円
■勤務時間
1.1日の勤務時間は6時間
2.シフトは相談可
3.平日、祝日8時半~17時半
4.土曜8時半~12時半
■職場環境
1.通勤手当支給
2.保険制度有り
3.施設自体は小規模
■アクセス
1.中村区則武1-9-9ノリタケ第2ビル4F
2.甚目寺駅から車で5分
■経験
1.初心者OK
■資格
1.保育士

  • 最終更新:2019-09-05 16:37:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード